ビジネス書を置くブックカフェオーナーのブログ
資産運用でタネ銭を育てながら、店舗物件選定・メニュー開発にいそしむ日々を綴るブログ
プロフィール

中目黒・渋谷・三宿の真ん中辺りに住む31歳。 SOHO・フリーランス・インディペンデントコントラクターを応援するため、そして大好きな妻と本と音楽の傍にもっと居られるよう、ブックカフェオーナーになることにしました。

tac

Author:tac
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



ご紹介



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


中目黒発展説
ビジネス書を置くレストランの1店舗目は、中目黒に開店します。
今日は、その理由についてお話ししたいと思います。

私がお客様として来ていただきたいと思っている在宅勤務者やインディペンデントコントラクターが住む場所・集まる場所は、働き方の変化に伴って変わっていくと思っています。

在宅勤務者やインディペンデントコントラクターという働き方を選ぶ方がどんなに増えても、ビジネスの中心としてのオフィス街がなくなるわけではありません。
いままでのビジネスパーソンとしての生き方を選んでいる限り、通勤先は一定なので通勤先の駅がある路線であれば住むのはどこでもよかったわけですが、これからは、一定の通勤先という概念がなくなり、顧客としての企業がいる様々なオフィス街にダイレクトにアクセスしやすいエリア=複数路線が乗り入れる駅の近くに住み、集まるようになるはずと考えています。

中目黒駅は、日比谷線・東急東横線の2路線が乗り入れています。六本木、銀座、霞ヶ関、渋谷、横浜に一本でアクセスできます。
さらに、駅の目の前のバスにのれば、最近ビジネス街として成熟しつつある大崎・品川方面にもアクセスできます。

しかも、代官山、恵比寿、三宿といった高級住宅街に近いことからも分かるとおり、生活利便性・住環境も抜群です。

駅前の再開発も決定しており、将来性もあります。

これまで中目黒というと、カフェや洋服屋が多いお洒落な街というイメージが先行していましたが、これからは、新しい働き方を志向する人たちが集まるビジネスコミュニティタウンとして発展していくのではないか。

このエリアに5年間住んでいますが、今が買い時だという、ある種の確信を持っています。

nakameguro_kaisatsu

nakameguro_eki

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://imrich.blog118.fc2.com/tb.php/4-26a114dc



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。