ビジネス書を置くブックカフェオーナーのブログ
資産運用でタネ銭を育てながら、店舗物件選定・メニュー開発にいそしむ日々を綴るブログ
プロフィール

中目黒・渋谷・三宿の真ん中辺りに住む31歳。 SOHO・フリーランス・インディペンデントコントラクターを応援するため、そして大好きな妻と本と音楽の傍にもっと居られるよう、ブックカフェオーナーになることにしました。

tac

Author:tac
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



ご紹介



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『マネーはこう動く』
年末の未来予測シリーズその3。

私の好きな経済評論家、藤巻健史さんの本。

元カリスマディーラーとか、そういう肩書きはどうでもいいのですが、自分の意見・知っている知識を、歯に衣着せず率直に語ってくれるところが好きです。

マネーはこう動く―知識ゼロでわかる実践・経済学マネーはこう動く―知識ゼロでわかる実践・経済学
(2007/07)
藤巻 健史

商品詳細を見る

タイトルだけを見ると、いかにも予測本のようですが、「長期金利が上がれば、国債の値段が下がる」というようなお金の動きのセオリーについて、経済の知識がない人にも分かるように噛み砕いてくれている本です。

その上で、藤巻さんのポジション、今後の予測が語られていますが、前著『直伝 藤巻流「私の個人資産」運用法』で藤巻さんが主張されている投資のポジションは、まったく変わっていません。

1)日本の長期金利の安さは異常。だから借りられるだけ借りて
  不動産を買うべき。
2)アメリカ株が上がれば日本株も上がる。ニューヨークダウ30銘柄を
  買っておくべき。
3)あくまでもドルが基軸通貨。そして日本の財政赤字は、政府が
  意図的にハイパーインフレを起こし、円の価値を下げて過去の
  借金を帳消しにする(徳政令)しか解消策はない。
  だから円が安くなる前に、ドルや外貨建て商品を買っておくべき。


残念ながらこの主張と予測については、この本が出版された2007年7月以降、真逆の動きになっており、今のところことごとく外れています(笑)。

藤巻さんのブログ『藤巻プロパガンダ』を読むと、サブプライム問題によるアメリカ株の急落と円高の傾向は、実際のところ藤巻さんも相当こたえている様子。


それでも、私は5年~10年の長期で見た経済の動きとしては、藤巻さんとおなじポジションをとるようにしようと思います。そのくらい、この本や前著で藤巻さんが述べている主張には説得力があります。

特に外貨(ドル)建て資産は、サブプライム旋風が本格的になりはじめた夏ごろに、いったん手持ちの金融資産の20%ぐらいまで処分して減らしてしまったので、下がるところまで下がったら買い込みたいなと思っています。


週3冊本を読むオーナーの本棚と書評を見たい方はこちらをクリック!

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://imrich.blog118.fc2.com/tb.php/18-eead2de3

「マネーはこう動く」藤巻健史

「知識ゼロでわかる実践・経済学」というサブタイトルつき。 モーサテやら経済番組などに登場することも多くてすっかり有名人。 今年の夏くらいに出版された本で気になっていたのだけれども、 古本屋を覗いてみたら並んでいたのでこれ幸いとばかりに買ってみた。 語り口 目指せ! EarlyRetirement!【2007/12/31 19:14】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。