ビジネス書を置くブックカフェオーナーのブログ
資産運用でタネ銭を育てながら、店舗物件選定・メニュー開発にいそしむ日々を綴るブログ
プロフィール

中目黒・渋谷・三宿の真ん中辺りに住む31歳。 SOHO・フリーランス・インディペンデントコントラクターを応援するため、そして大好きな妻と本と音楽の傍にもっと居られるよう、ブックカフェオーナーになることにしました。

tac

Author:tac
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



ご紹介



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


cafe croix
渋谷の警察署向かいのビルの8Fにある、隠れ家カフェ。

cafe croix

IMG_6796.jpg


DJブースのあるカフェに悪い店はない、というのが私の持論。

IMG_6798.jpgIMG_6804.jpg

壁に映された自転車でアメリカの公道を走りまくってるvideoを見て、まったりとした午後を過ごしました。

写真を撮っていたら、店員さんがちょっと迷惑そうにしてたみたいです。

すみません。

スポンサーサイト

one's drive
新丸ビルの地下1Fの一番外れにある、こじんまりとしたお店。

one's drive

IMG_6776.jpg


ここはカフェとしての雰囲気を楽しむというよりも、完全に味で通っている店。
なんといってもホットドッグがうまい。

IMG_6778.jpgIMG_6783.jpg


レーベンブロイとフィッシュ&チップスも一緒に。

IMG_6774.jpgIMG_6784.jpg


RESPECT
渋谷から青山通りに上がる坂道の途中にあるカフェ。

RESPECT

IMG_6758.jpg

昨日お邪魔したSUZU CAFEを、もうちょっとファクトリーっぽくした雰囲気の内装。

店内では無線LAN使用可。
窓際には、PC席もあります。
IMG_6750.jpg

「仕事や打ち合わせができるカフェ」という、私の目指している店のコンセプトが、まさに体現されています。

アルコール・ドリンク・フード・スウィーツと、多岐にわたるメニュー。
多店舗展開されている会社が経営するカフェならではの、余裕を感じました。

昼ご飯を済ませた後だったので、スウィーツメニューのトップにあったカシスムースを注文。
IMG_6752.jpg

散りばめられたチョコとカシスの酸味がぴったり合ってました。

私の店がこんな素敵なレベルに達するには、まだまだ時間がかかりそうです。

ビジネス書を置くブックカフェの本棚と書評を見たい方はこちらをクリック!



SUZU CAFE
渋谷のど真ん中に、こんなにいいカフェがありました。

SUZU CAFE

IMG_6730.jpg
IMG_6737.jpg


何よりもスペースがいい。

まず、開放感のある大きな窓が印象的。
広い空間に、贅沢な間隔で座席が設けられていて、隣の会話が気になりません。
天井高もあるので、たばこ席でも空気のよどみがなく、快適にすごせます。

そしてお料理・飲み物も、リーズナブルな価格設定の中で精一杯のこだわりを見せようとしている姿勢が感じられて好感度高。

見習いたいお店です。

ビジネス書を置くブックカフェの本棚と書評を見たい方はこちらをクリック!


cafe ordinaire
『ブックカフェものがたり』で紹介されていたお店の一つ、cafe ordinaireに早速お邪魔してみました。

下北沢の少し外れのメゾネットタイプのマンションの1室を改装して作られたこのお店。
こんなに目立たない場所に、たくさんのお客さんが・・・とびっくり。
犬も歩けばカフェに当たる下北の中で、確実に口コミで成り立っているお店ですね。

1Fが喫煙席、2Fが禁煙席ということで、2Fに案内されました。

何しろ満席状態だったので、店内をパシャパシャ撮るわけには参りませんでしたが、隠れ家的な狭さと暗さで、居心地のよいお店でした。

IMG_6551.jpgIMG_6546.jpgIMG_6556.jpg

雰囲気ものんびり。
メニューが出てくるまで10分、注文をとりにくるまで10分、サーブされるまで30分・・・ってなカンジで(笑)
ゆっくりしに来るにはぴったりのお店です。

『ブックカフェものがたり』でオーナー自らおっしゃっているように、ここはどうやらジャズをメインコンテンツにしているようでした。
夕闇にぴったりな、アップライトベースが印象的なジャズが、少し大きめのいい音で1Fと2Fに鳴り響きます。

そういう意味では、本は、お店のあちらこちらにある本棚に隠し味的においてある感じ。
お客さんがたくさん居たこともあり、一番手に取りやすかった雑誌だけいくつか読ませてもらいました。

伺った日はオーナーはいらっしゃらなかったようでした。
平日の、オーナーがいそうな空いてる時間にまた行って、ご迷惑でなければお話を伺ってみたいと思います。

ビジネス書を置くブックカフェの本棚と書評を見たい方はこちらをクリック!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。